話題のサイバー・クリーンを使って車内掃除。これは使える…!!

IMG_9824.jpg おはようございます。こんにちは。こんばんは。
グラシアです。

新しい元号は「令和」に決まりましたね。平和な世の中に皆が向かっていって欲しいという願いが込められているそうです。
さて、今回は先日ふと購入したサイバークリーンを使ってみた感想をお伝えします。。





当ブログ内容はあくまで個人の主観に基づくものであることご了承ください。

ご理解頂ける方は続きをどうぞ( ´  ` )




今回紹介する商品はこちら。

このサイバークリーンはスイスのおもちゃスライムメーカーが10年以上の歳月をかけて開発したそうで世界80ヶ国以上で愛用されているのだとか。これ、簡単にいえばお掃除スライムなのですが、除菌効果つきというのと絶妙な硬さ?柔らかさでとても取り扱いがしやすいという噂を耳にしました。確かにマイクロファイバー製のモップみたいなのでホコリなどをだいたい取り除くことはできますが、エアコンの送風口やステアリング、各スイッチ類など細かい部分までは取りきることができません。そこでこのサイバークリーンの出番というわけなのです。
IMG_9851th_.jpg スライムチックな見た目の割には、でろでろしているわけではなく硬めでちゃんと形を保ってくれるような印象。これなら狭い部分にねじ込んでも張り付いて取れなくなってしまうなんてことはなさそうです。
IMG_9852th_.jpg BMW X1 18d のステアリングホイールの造形は正直ホコリが入り込むとなかなか除去し辛いところ。特にステアリングスイッチ近くのトリム周辺は指が入らないくらい狭くなっているのでマイクロファイバーのお掃除グッズでもなかなか取れません。ということでサイバークリーンの出番!
IMG_9854th_.jpg こいつを、、
IMG_9853th_.jpg グニュっとこうしてやります。
IMG_9858th_.jpg サイバークリーンを取り外してみると、おお!綺麗になってませんか? 先ほどの写真の比較してもホコリが結構取り除けているのがわかります。これは気持ちいいですね。

IMG_9861th_.jpg 除菌効果もあるので、シフトノブのクリーニングにも適しています。ちなみに匂いはいわゆるミント的なものなのですが、海外製というのもあって好き嫌いが別れるかもしれません。ちなみに私は可もなく不可もなし、掃除をしているんだなって感じの匂いです。

IMG_9863th_.jpg シフトブーツにはホコリが特に溜まりやすく袋状になっておりこれもマイクロファイバーでは全然取れません。こういう箇所こそお掃除スライムが役立つところです。最近の車は複雑で凝ったパーツが多いですから、このアイテムの有意性はたかそうです。

IMG_2686.jpg
ここもグニュっと押し付ければ汚れがしっかり付いてきます。

IMG_9867th_.jpg センターコンソールのグロス塗装部分やダッシュボードのウッドトリムにも効果的です。ただサイバークリーンの水分が若干残るのでマイクロファイバークロスでさっとふきあげると仕上がりが良いでしょう。傷の付きやすい部分ですのであまり強く押し付けず丁寧に優しく拭いてあげるのが大切ですね。

実はサイバークリーンのほかにスーパークリーンというお掃除スライムも試したことがあるのですが、如何せん柔らかすぎてデロデロしてしまいとても扱い辛かったというのもあり、今回試したアイテムは掃除用にしっかり考えられた印象を受けました。粘着でとったホコリや汚れはスライム内に吸着していき、一定以上黒ずんだら交換時期です。ちなみに価格は1個710円。実用性から言えばなかなか良い買い物でした。

どうしたか?車内に汚れやホコリが溜まっていくのは避けられないもの。私は車内飲食については一向に構わないスタンスですが、中には車内でマックなんて論外!という方もいらっしゃると思います。それについては賛否が別れるところではあるでしょうが、どちらにせよ多かれ少なかれ車内は汚れていくものですからこまめな掃除はかかせないですね。まあケチャップとかをシートに付けられたら悲鳴ものですけどね。笑 良識がある人ならば再起不能レベルまで汚したりすることはまずないでしょうし、「車は綺麗にして、汚れて、また綺麗にするもの」という立場でカーライフを送っていくことが精神衛生的にも良いのではないでしょうか。

それでは今回はこの辺りでお暇しますね。
気になった方は試してみてはいかかでしょう?

ありがとうございました。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply