ディーラーにてデイライト実装!

IMG_3278.jpg

おはようございます。こんにちは。こんばんは。グラシアです。

今回は以前記事で文句を言っていたデイライトを実装してもらいにディーラーに行ってきたお話…



※当ブログ内容はあくまで個人の主観に基づくものであることご了承ください。
ご理解頂ける方は続きをどうぞ( ´ ▽ ` )







光モノを求めて


実装されていると思っていたデイライトがされていなくてブーブー言っていた私でしたが、思い切ってディーラーでコーディングをお願いしてきました。

過去記事:BMW X1 18d あれれ?DRL(デイタイムランニングライト)は?! 深々と考えてみました。

やっぱりデイライト、付けたかったんです。笑 子供の頃から光りものが好きだったからなあ…
昔のことはさておき、デイライトは日中での被視認性を向上させる意味合いがあります。日本の道路交通法も改正され、国産・輸入車を問わずデイライトが付いている車を見かけるようになりましたね。

ということで午前中にBMW X1 18d をディーラーに預けます。コーディング作業は所要時間が明確に定まらないそうなので、仕事もあったのでとりあえず預けたままにしてその間代車を用意してもらいました。

代車は118d Sport でした。ここぞとばかりに走り回ってみたのでその感想はまたお伝えしたいと思います。笑

代車も束の間。

一日以上かかってしまうかも、と言われていたので気長に待とうという気持ちでしたが、当日の夕方には作業が完了したとの電話がきました。ちょうど出かけていたので、そのままディーラーに向かい我が愛車を迎えに。
受け取った時にはすでに夜だったのでデイライトが付いているかは確認できませんでしたが、確かに作業は完了したのでご安心くださいと言われとりあえずコーディングは無事済んだようです。

IMG_3274.jpg
うーむカッコ良い(後日撮った写真です)。

通常7000円程度かかるコーディングでしたが、私のしろくま2号はデイライトの標準化との瀬戸際だったこともあり半額で実装させてもらいますます満足でした。


またデイライトのことで気付いたことがあればお伝えしたいと思います。
それではこの辺りでお暇しますね。
ありがとうございました( ´ ▽ ` )




当ブログでは仮想通貨取引所サイト「coincheck(コインチェック)」をお勧めしています。

管理人も実際に2016年6月にcoincheckでの仮想通貨取引を始め、継続的に利益を得ることができています。
記事で紹介する方法や解説なども原則coincheckでの取引を想定していますので是非取引口座を開設されてみてはいかがでしょうか?
ちなみにやれば確実に儲かる!とは言い切れません。そんなうまい話はこの世に存在しません。色々と不安に思うところもあるとは思いますが、それでもやらないよりやった方が良いと管理人は強く閲覧者様に訴えたく思います。
様々な疑いや不安を当ブログにて解消して頂き、少しでも多くの方が仮想通貨取引を有効に利用されることを祈っています。
Coincheckの取引口座開設・新規登録は下記バナーリンクからどうぞ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
関連記事

Comments 3

There are no comments yet.

てつまる  

X1 ライトについて

はじめまして。X1 18dを購入検討しております。使用感のコメントがとても参考になります。やはり実際に使われている方のナマの声が一番です。当方、スキーに行く事から四駆は必須条件で、色々な車を見て回っている中で、予算オーバーなんですがX1が最有力でカタログとにらめっこ状態です。やはりスタットレスは高額出費覚悟しておかないとですね・。お伺いしたいのですが、夜間のライト点灯は基本はオートで使われていますでしょうか?。最近はハイビーム走行がメインで、対向車が来た際にロービームに自動で切り替える機能が付いている車もありますが、X1はオートにしているときはロービームで、何らか手動でハイビームにするんでしょうか?。教えていただけると助かります。宜しくお願いしまし。

2018/07/24 (Tue) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Gracia(グラシア)  

Re: X1 ライトについて

てつまる様
コメントいただきありがとうございます。また、小生の稚拙なブログを参考にしてくださっている事、購入の検討に際し一材料にしてくださっている事、誠に恐縮です。
さて、ご質問頂いた件についてお答えします。BMW X1(F48)では私の場合は常にオートの位置で使用しており、自身の操作がない限りは周囲の明るさに応じてポジションランプ→ロービームへと移行します。即ち自身の操作をもってしてハイビームに変更することになります。最近の車には確かに状況に応じたハイ&ローの切り替え機能が備わったものが出てきていますが、私個人の意見としては必要のないものと感じます。理由は様々ですが、まず街中等の大きな道路での運転ではほぼロービームであることが第一に挙げられます。明快な理由ではありますが、もう1つこの機能に対して実情にそぐわない点があります。それは田舎道や山道での機能の使用です。一見車通りの少ない道ではハイビームにて視界を広く確保しようとするのは理解できますが、特に山道などはカーブが連続する場面が見受けられます。もしカーブ途中で対向車がいた場合、すれ違う直前よりも前に機能が対向車を認識してロービームにするのはほぼ不可能なのではないでしょうか。仮にハイビームの状態のままカーブ途中で対向車にすれ違えば間違いなく相手を眩惑してしまい両者を危険に晒すのではないかと考えられます。私が常日頃から取っている方法を紹介致しますと、普段はロービームでカーブに差し掛かる前に2、3度パッシングをすることで対向車がいた場合にその存在を認識させるという手段をとっています。このように車のライトというのは周囲を照らすという意味合いの他に、自分の存在位置を周囲に知らせるという機能(フォグランプが良い例ですね)があるのですが、場面場面で完全に対応しきれないならば、ハイビームはかえって危険を増加させてしまいます。対向車線が仕切られていればまだ良いのですが、田舎の道は中央分離帯とかないですからね。笑 しかしそもそも中央分離帯があるようなところは比較的該当が存在し車通りも多いと推測できます(つまりほぼロービーム)。従って、通常ハイビームで適宜ローに切り替える機能に実際の価値を見出すことができないというのが正直なところではあります。
さて、長くなりましたがBMW X1 ,とても良いクルマですよ。スキーに行くのでしたら18dはトルクと燃費からも最適な選択肢ではないかと思います。私もスキー愛好家でX1で毎年雪山に赴きますので、まだお悩みのようですのでわかりませんがどこかでお会いするかもしれませんね。
私で良ければ可能な限り何でもお答えしますので、てつまる様のクルマ選びの一助となれれば幸甚に存じます。
大変長文乱文失礼致しました。それではまたのコメント(その後何を買ったかなど…笑)心よりお待ちしております。

2018/07/24 (Tue) 00:44 | EDIT | REPLY |   

てつまる  

お礼

ヘッドライトの件、非常に参考になりました。ありがとうございます。確かに当方が一般的に使う道路ではハイ、ローのアダプティブヘッドライトの機能は無くても困らないかと。最近の車の機能は使用者にもよりますが過多、過剰と思うものも・。厳選してオプションが選べれば良いですが、セットオプションになっていたりしてなかなか思うように選べない事も(涙。雪道でも心強いX1でスキーに行けたらと思いを巡らせています(笑。18d xLine or Mスポーツ、パッケージはコンフォート、アドバンスド アクティブセーフティーを選択して見積り商談中です。進展がありましたら報告しますね。

2018/07/24 (Tue) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply