棺桶(ルーフボックス)装着!と、タイヤを長持ちさせるちょっとしたワザ。

IMG_3215 2


おはようございます。こんにちは。こんばんは。

さて、冬のシーズンに向けて着々と準備が進んでいます。いえ、進んでいた頃のお話。

今回はそんなお話。。





※当ブログ内容はあくまで個人の主観に基づくものであることご了承ください。
ご理解頂ける方は続きをどうぞ( ´ ▽ ` )




気持ち高ぶるシーズン!


何を隠そう、当方スノースポーツをこなよく愛しております。メインはスキーでたまにボードもやったりします。この時期になると身体がざわざわしてくる方は私と同類の人間です。笑

スキー場は岐阜や長野、滋賀や新潟など様々な県のゲレンデに赴いています。
昨年までは2WDのTOYOTA シエンタでスタッドレスを履いてスキー場に行っていましたが、この度BMW X1 18dを愛車として迎えてから初のゲレンデとなります。

シエンタ時代に抱えていた一抹の不安がBMWのxDrive(オンデマンド式四輪駆動システム)によって解消されることを楽しみにしています。車の性能を過信するのは禁物ですが、それでも先進システムの活躍を期待せずにさいられませんね。笑 初滑りの日が楽しみです。

というわけでルーフボックス、俗に棺桶と言うそう?ですがこれを装着するためにディーラーに行きました。このためだけにディーラーに行くことに少し気が引けましたがおかげで「いいモノ」が見れましたよ。笑
「いいモノ」については別記事にて!


ディーラーにて装着


朝一でディーラーに赴き9:30から受付をして鍵を渡ししろくま2号は整備工場へ。途中、ルーフボックスの鍵はどこ?と聞かれまさか家に置いてきてしまったかと肝を冷やしましたが、納車当日にこの様な場面を想定して車内の小物入れにあらかじめ鍵を入れておいたおかげで事なきを得ました。
ルーフボックスはベースキャリアの右側にも左側にも装着できますが、リアから見て右側しかボックスが開かないのでまあ右側に付ける以外選択肢はなさそうでした。
と、思ったらそうではないようでこのルーフボックスは両側から開閉が可能な画期的な構造をしているらしいのです。どの辺りが画期的なのかはわかりませんが、確かに両サイドどちらにも鍵穴があるのが確認できました。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

タイヤを大事に(特に輸入車は高いし…笑)


でも、我が家流の考え方では特殊な場合を除いて原則「運転席側(進行方向を見て右側)が重くなるようにする」という教えがあります。

最も何も載せるものがなく空荷の場合には関係がなく気づき得ないことですが、農業という職業柄、作物を出荷場に運搬する時にかなり重量のある荷物を運ぶので、その長年の経験から得た「気づき」を父から伝授してもらったというわけです。

なぜ運転席側なのか?それはタイヤにかかる荷重をできるだけ均一にするためです。左右前後偏って摩耗すると、それだけで全てのタイヤにかかる負担のバランスが崩れ結果的に寿命を縮めてしまうことにつながりますからね。

え?運転席側が重くなる(運転席側に重心をずらす)と運転席側のタイヤに荷重が偏って言っていることと矛盾してるじゃないかって?

いえいえ、一見矛盾しているかに見えますが理にかなっているんですよ。どういうことかと言いますと、それは「道路が傾いているから」なんです。

高速道路等は別ですが、通常の道路は地面にコンクリート、最近は殆どがアスファルトを敷いて走りやすい「道路」なるものを作っています。道路は常に何トン、何十トンもの車が上を走っています。走っているうちに、道路外側のアスファルトを敷いていない方向に道路が「逃げて」行くんです。

道路というものは地面にアスファルト等で「フタ」をしたようなものです。そして地面より崩れにくい丈夫な材質でもあります。その上を重たい車が何度も通るとどうなると思いますか?そう、下の地面がアスファルトの敷かれていない方向へ逃げて行くのです。

つまり、道路は進行方向を見て左側に多かれ少なかれ傾いているということになるのです。となると、荷物を乗せた時に荷重を中心に持ってきてしまうと、道路の傾きによってタイヤへの負荷に偏りが出るだけでなく、車体自体も傾いてしまい荷物の落下の危険性を高めます(落下の危険性は荷物が車内にあれば別ですが)。

故に、我が家のこの気づきを生かすならば、自ずと運転席側にルーフボックスをつけるというわけですね。それに開閉も運転席側からの方が近いですし。

デメリットといえば、路駐して開閉作業をする場合多少危険を伴うということでしょう。まあ、私にはあまりその機会はないだろうということで。笑


長身になったキブン

IMG_3210.jpg
ちなみにルーフボックスは装着をディーラーに頼んでいる時点でお察しかとは思いますがBMW純正!ロゴが入っていてカッコ良いですよ。ベースキャリアも後から付けるより純正のほうが当たり前ですがデザインに馴染むので良いです。

ルーフボックスを装着すると当然全高がアップしますので注意が必要です。1610mmの全高が2000mmクラスにまでなりますので立体駐車場では特に気をつけなければなりません。
この前あるショッピングモールでうっかり立体駐車場に向かってしまっており、あっ、と気付いた時には入り口の前で後ろに車もいたので進まざるを得なく、「高さ2.2mまで」の黄色いぶらんぶらんした変なのに当たらないかドキドキしながら通ったのを覚えています。

IMG_3216.jpg

2.2mはさすがになかったのを計測して知っていたのでまあ大丈夫だろうと思ったのですが、通って見ると助手席から上を見ていた彼女が「揺れてる揺れてる!笑」と言うので急に心配になってしまい、今までにないくらいの徐行速度で恐る恐る場内を走行しました。笑

だって途中でゴリッとかガリッとか行ったらシャレにならないですからね笑
皆様もルーフボックすをお付けの際はお気をつけください。。





それではこの辺りでお暇しますね。
ありがとうございました( ´ ▽ ` )





当ブログでは仮想通貨取引所サイト「coincheck(コインチェック)」をお勧めしています。

管理人も実際に2016年6月にcoincheckでの仮想通貨取引を始め、継続的に利益を得ることができています。
記事で紹介する方法や解説なども原則coincheckでの取引を想定していますので是非取引口座を開設されてみてはいかがでしょうか?
ちなみにやれば確実に儲かる!とは言い切れません。そんなうまい話はこの世に存在しません。色々と不安に思うところもあるとは思いますが、それでもやらないよりやった方が良いと管理人は強く閲覧者様に訴えたく思います。
様々な疑いや不安を当ブログにて解消して頂き、少しでも多くの方が仮想通貨取引を有効に利用されることを祈っています。
Coincheckの取引口座開設・新規登録は下記バナーリンクからどうぞ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply