BMW X1 18d オーダー内容を紹介(過去記事)

IMG_3623 3 おはようございます。こんにちは。こんばんは。

今回は旧ブログの過去記事です。
今回は来たる愛車のオーダー内容を紹介します。ほんと早く来ないですかね。。。

1280x1280 (1) 
こちらがざっくりとした内容になります。


グレードは X1 xDrive 18d xLine。やはりSUVのルックスからすればどっしりしたスタイリングのxLineがいいかなと思い選択しました。無塗装のフェンダーやメッキパーツと、白の外装色のコントラストが非常に気に入っています。

Msport はフェンダーが外装色と同色になり全体的にのっぺりした印象を受けます。セダンタイプなどはスポーティな雰囲気を出すためにMsportは魅力的ですが、あくまでクロスオーバーSUVの立場をとるXシリーズはSUVルックに仕立てた方がいい気がします。

外装はミネラル・ホワイトにしました。当初はあるピンホワイトを選択していたのですが、7月生産分からxLineのモデルにアルピンホワイトが選択できなくなる変更があったので、半ば仕方なくミネラル・ホワイトにした次第です。両色の違いはほとんどないと言ってよく、光が当たった時にラメがキラキラ輝くのが少しわかるのがミネラル・ホワイトです。元来7シリーズなどのフラッグシップモデルなどの限定色だったようですが、その人気さから今般X1でも選択できるようになっているそうです。そんなに違いがあるとは思いませんが、他と違う「マイBMW」を仕立てるには必要な選択肢となるのでしょう。

内装はオイスターです。明るいベージュのような感じです。最近の限定モデル、ファッショニスタのキャンベラ・ベージュよりは若干暗いでしょうか。キャンベラ・ベージュの方は実際に見たことがないので何とも言えませんが。 

このオイスターのカラーですが、一つ残念なのはiDrive周辺のコンソール部分の色が指定カラーからブラックに統一になってしまったことです。これも7月からの仕様変更。あと、外国の動画を見ているとモカの内装色などはダッシュボード下部にもカラーリングが入りますが、どうも日本仕様はブラックのままみたいです。ウッドトリムがサイドからダッシュボードまで伸びているので、オイスターカラーもそれと合わせて欲しかったのが正直なところです。ブラックはブラックでいいとは思うんですけどね。上級モデルになるとほとんど指定カラー一色みたいな内装もありますからそれこそ飽きが来そうなのでちょうど良いのかもしれませんね。

価格ですが、親の力(?)もあって通常は受注生産の場合値引きは一切ないのですが、20万円の値引きがされました。この値引きがすごいのか普通なのかよくわかりませんが、ないよりはいいですね。
 全体の価格は600万以内に収まりました。


続いてオプションです。
1280x1280 (2)

 まずメーカーオプション。
ハイライン、コンフォート、アドバンスドアクティブセーフティパッケージと、だいたいのパッケージオプションは付けました。後席のスライド機構がつくコンフォートは必須ですし、内装の質感の向上につながるハイラインパッケージも欲しくなり、アドバンスドアクティブセーフティパッケージでACCが付きますのでこれも必須かなと。ウィンタースポーツをするのでシートヒーターも。



次にディーラーオプション。
ETCはBMWは全てのモデルに搭載済みなのでセットアップだけ。いいですね。
ウィンドウフィルムは一番暗い色にしました。ホワイトの外装なら一番暗くてもアヤシイ車にならないと言われたのと、スキー場に着きいざ後席で着替えるという時にプライバシーはしっかり守られた方がいいですからね。
ルミナスボディコーティングはBMWの専用イノベクションコーティングでなかなか巷でも良い評価だそうなので即決。納車後にまた他のところでコーティングとなると時間もかかりますし、煩わしいですからね。
ドアバイザーですがこれがなかなか外国車ではつける人がいないそうですね。何でも高速域での風切り音や空力的なデメリット、何より見た目が悪くなるという意見を多数ネットで見かけました。しかし私個人の意見としては、現在のドアバイザーは付けていても付いているのかわからないくらい溶け込むデザインになっています。弟がレクサスに乗っておりドアバイザーをつけていますが1年経ち私の車のドアバイザーをどうするかの話になってから初めてその存在に気づいたというほど溶け込んでいます。また、空力的なことからいえば200kmを超える高速巡航をするアウトバーンなどでは確かに影響は出ますが、日本の100km程度の高速では大した問題にならないそうです。それより、降雨の多い日本では何かと便利な面があるようです。
ルーフボックスはいわゆる棺桶ですね。スキー板を搭載するために選択しました。
ドライブレコーダー、何だか半端じゃない値段してますが、独自システムであるiDrive画面へのモニター介入や前後カメラ、停車時監視機能付など高性能モデルなのでまあ仕方なしと行ったところです。

こんなところでしょうか。X1のご購入の検討をされているような方がいれば参考までに。


それではこの辺りでお暇しますね。
ありがとうございました😃
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply