高速道をドライブ中に・・・

IMG_7537.jpg 
おはようございます。こんにちは。こんばんは。グラシアです。

今回は先日高速道路をドライブ中にちょっとびっくりした出来事があったので報告です。



※当ブログ内容はあくまで個人の主観に基づくものであることご了承ください。
ご理解頂ける方は続きをどうぞ( ´ ▽ ` )


立ち込める白煙

写真をみて頂くと一目瞭然ですが、突如前方、しかも超局所的に濃い白煙が立ち込めているのです。写真で見るとまあこの程度、と思われるかもしれませんが白煙に近くにつれ本当に前方視界が遮断されてしまいます。私がこの前旅行してきた伊吹山ドライブウェイでの濃霧並に周りが見えません。
とっさに先行車と並走車と共にハザードランプを点灯し30km/h程度に減速してそろそろ進みます。

これ、一体なんの煙だろうと最初は前方に故障車がいて何らかの原因で白煙をあげているのでは、と推測しました。白煙は100mも走る前に晴れたのですが、故障車らしきものは見当たらず交通情報にも出ていませんでした。
では一体なんの煙だったのか?考えついたのは「野焼き」です。野焼きとは田畑などで不要な木などの可燃物を直接火をつけて燃やすことです。これ結構白煙出るんですよ。
思い出して見ると走っていた道路の下には田畑が広がっていたので、風のない日なら考えられなくもないですよね。おそらくそういうことなんだろうと思います。

野焼きをした人は知る由もないのでしょうが、この白煙って結構危ないですよね。最高速度100kmで走れる道路で前触れもなく先行車が30kmで(ハザードを付けているとはいえ)ノロノロ走っていたら追突の危険性は十分に考えられます。このような事案については道路交通法では何か取り決めがあるのでしょうか。

IMG_7538.jpg 
ちなみに「野焼き」という行為そのものは法律で禁止されています。単純に危険だからでしょう。野焼きが原因で森林火災に発展した事件などがあったりしますからね。
田舎の方ではいまだに野焼きが平然と行われているのですが、暗黙の了解のように取り糺されることはありません。それどころか毎週決まった曜日に「野焼きデー」なるものがあるらしく、その曜日は洗濯物を外に干すのを一帯の住民が控えるといった謎の団結力があったりします。笑

そういえば白煙に包まれた時はフロントフォグとリアフォグも使用しました。自車の存在を主張する上でフォグライトは効果覿面ですね。皆様も車の走行中に視界が悪くなった時はフォグライト、状況によってはハザードランプを点灯して接触事故を未然に防止しましょう。霧などが出た時にはハイビームにすると余計に見えなくなるので注意が必要ですよ。
関連記事

Comments 1

There are no comments yet.

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/12/08 (Sat) 06:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply