イタリア旅行 0日目 東京へ前日入り

DSC03278.jpg 


おはようございます。こんにちは。こんばんは。グラシアです。


私事で申し訳ないのですが先々月に入籍し、先月に結婚式を挙げ、今月初めより新婚旅行でイタリアに出かけておりました。


そこでイタリア旅行での体験を数回に分けてお伝えしていきたいと思います。並行してイタリアの車に関わる内容と農業に関わる内容も当ブログらしく記事にしていけたらと考えています。




当ブログ内容はあくまで個人の主観に基づくものであることご了承ください。

ご理解頂ける方は続きをどうぞ( ´ ` )


それでは旅行初日、0日目から記事に起こしていきましょう。


0日目というのも、イタリアに行くにあたって家から最寄り(と言っても車で2時間半はかかりますが)の中部国際空港(セントレア)では日本からの直行便がなく、出発は成田空港からということで、関東圏に前日入りしたという経緯があるためです。

14時ごろのフライトでしたので当日に向かってもよかったのですが、なにが起こるかはわかりませんので万一に備え成田空港の近くにホテルをとったというわけですね。

さて、空港までの交通手段ですが私たちはJTBのツアー旅行で国内の乗り継ぎ便を成田まで10000円ポッキリで利用できるというなんとも魅力的なものがあるのです。ですが問題は私の住んでいるところがセントレアから2時間半もかかる上に方向的に真逆、成田空港から遠ざかる方面でしたので、車もしくは電車からセントレア→成田空港よりは車→成田空港という方法の方がスムーズに行けるのではないかという判断の下この手段になりました。ちなみに電車(若しくは新幹線)を使うという選択肢は最初から私の選択肢にはありませんでした。理由は簡単、ドライブを楽しみたいからです。笑 家から東京までおよそ4時間半の旅、駆け抜ける歓びを味わいたいじゃありませんか? 車で行くと言うと祖母などは大変心配していましたが私としては電車や新幹線は大変退屈ですので旅行の楽しさ的にも今回の方法を取ったのは至極当然だったというわけです。

沖縄および離島以外の国内はいずれ全域を車で踏破したいと思っている次第ですから、東京までの300km程度はなんのことはないというのが正直なところでした。

さらに車でいくことの良い事といえば、荷物を家の目の前から目的地までずーっと載せたまま移動できるということでしょうかね。電車の乗り継ぎで重いスーツケースを運ばなくていいのは本当に楽ちんです。飛行機の荷物の預け入れから手荷物検査などを考えればその煩雑さがない点でやはり車は素晴らしい移動手段と言えるでしょう。もちろん燃料費や高速代もかかりますがコストパフォーマンス的にも車が1番です。車。もちろんこれは全て旅行者が運転好きである、運転に慣れているという前提でのものですが。笑


さて、0日目当日は午前6時には家を出発し、途中高速道路のサービスエリアで朝食をとりながらゆっくり関東圏に向かいます。最初の目的地はいきなりホテル、というわけではなく折角東京に来たのだから観光しようということで海外旅行直前に都内観光をするというよくわからないことになりました。笑 向かった先は東京スカイツリー。展望回廊とソラマチでの買い物が目的地です。以前に来た時は展望回廊まで登らなかったのでそのリベンジと、車できているという点から東京都中心部からすこし離れたスカイツリーを選択しました。

車での旅行は駐車場が必ず必要になってくるというところが唯一のデメリットでしょうか。


お昼頃にスカイツリーに着き、ソラマチ内にあるもんじゃ焼きの店で昼食をとるのがここに来た時の私たちの恒例行事です。うめしそのもんじゃがさっぱりしていて美味しいですよ。

IMG_7761.jpg 

昼食を終えてソラマチでの買い物もそこそこに、日没にあわせてスカイツリーの展望台に上がります。さらに上の展望回廊ではドラゴンボールのイベントが催されていました。

ドラゴンボールはまあ別にいいんですが、ロマンチックな雰囲気は完全にぶち壊しだったのでそれを活用して良いデートにしようと計画していた人やここ1番で告白、若しくはプロポーズ!なんて人達は悲鳴ものだったに違いありません。笑 

とはいえここからの夜景は本当に綺麗で圧巻です。

IMG_7770.jpg 


スカイツリーで一頻りの夜景を楽しんだ後、成田空港近くのホテルへ向かいます。成田コンフォートホテルという空港まで10分程度のところに宿泊しました。

一階部に隣接するように居酒屋があったのでしばらく食べられないであろう日本食を堪能して翌日に備えます。

IMG_7772.jpg あん肝や白子ポン酢なんてまずイタリアにはないでしょうから、とりあえずの食べおさめ。




という感じで旅行0日目は終了です。

今回はこの辺りでお暇しますね。

ありがとうございました😊


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply